グラスシュリンプの魅力

サンゴ見てても飽きないけれど、また違った魅力のあるグラスシュリンプです!

     (クリックして拡大いただくと模様がより鮮明に見れるかも)
画像



     カリビアンアネモネシュリンプの名前で親しまれてますが

     正式には「スポッテッドクリーナーシュリンプ」というようです。


     


画像




     もう1年以上になりますので、ずいぶん大きくなりました。

     
     こんなに太った個体はなかなか見ないかも・・・


     手から餌も食べるくらい慣れており今日は撮影のために


     強制的に近くまで移動してもらいました(*_*;



画像




普段は前に紹介したタマイタダキイソギンチャクに


     入っていることが多いです。




    




 もう一匹のグラスの紹介は



     「ペターソンアネモネシュリンプ」        
 

画像





     こちらのほうが グラスっぽいかな・・・・


     同じく長生きしてます。


     透明だからでしょうか、ピントが合わせずらいんですよ
     


画像
  


      カリビアン・・・とは互いに距離を置きながらうまくやってます。


      あとこの水槽には大きな8㎝位のホワイトソックスもいますが


      大丈夫なようです
     











同じLPS水槽の仲間たち・・・・




      ベトナム産ヒレシャコガイ


画像











      これは・・・・・
画像













                  














画像


     
    
 「ハナズタブルーSP」でした。


     土台のブロックが見えなくなるほど増殖中です。


     前にメインに入れたら減りだしたのですが、

     
     サブに戻したら復活しご覧のとおりモサモサ。


     照明はディープブルーです






     
  
      「ハナガタサンゴ」
画像






     ここまで派手なカラーはあまり見かけませんが、


     1年程飼育しているとイエロー?オレンジ?色が


     あらわれてきており


     レア~な感じがしてきました。

"グラスシュリンプの魅力" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント