リン酸塩濃度測定試薬!?(訂正 2/18)

記事中のシーケムの計測方法に間違いがありましたので記事内容を訂正いたしました(2/18)


安心したくて・・とうとう買っちゃいましたよ。だってローワフォスの説明書に「お手元のリン酸試薬がこれらの低レベルの値を正確に測定できない場合は、D-D高感度リン酸試薬をご利用ください」と書いてありましたし・・・
画像


    でも皆さんご存じあると思いますが、

       結構¥するのでずっと躊躇してましたが・・・




    ローワフォス投入後、半年ほどたってますし・・・
                  (一度交換してます)


      このブログ見て戴いてる読者の方にも、

          精度を実感していただきたいと思い
     
             思い切って購入した次第です。




   


          で・・・・・・・・・


      測定結果です。


画像


     
          2本あるのは、左が「水槽水」 右が「RO/DI水」です。

        
       

  画像では比較しやすいようにあえて上に並べてあります。

  実際は、一本づつ、上右に写っている筒に収め、純水とカラーチャートに重ね、

  比較して測定します。


 数値は上段が「リン酸塩濃度」 下段が「リン酸塩イオン」の値になります。

       
 ちなみにリン酸塩濃度は海水では0.015ppm未満が理想値とされています。


      この試薬の目盛は

「0」「0.08」「0.015」「0.03」「0.045」「0.06」「0.08」「0.11」「0.14」


  となっており、0.14以下であればかなり高精度で測れるような表示に

  なっています。まさに「0.015」の攻防を測定出来るわけですね

  。。。多分


       


       で・・・結果は

       

         「水槽水」 「RO/DI水」ともに 「0 ppm」
 

        


          
「ここからが修正記事 2/18」     


   

   実は、シーケムで、再確認したデータを載せてましたが、


   なんと、測り方間違えてた(*_*;


   シーケムの日本語の説明書には、まず

   
   重要の欄に①測定したい水槽の水をスポイトでテストプレートに満たします  

                   とあり

   図があってプレート一杯の表示があります。


    ・・・・で、今まで満たして測ってた! 


    そうすると・・・
         


画像

        
           左が「水槽水」  右が「RO/DI水」です。


       となり、「水槽水」0.05ppm 「RO/DI水」0.1~0.15ppm

       あることになり、D-Dの試薬と数値が違うぞ!?って記事でした。



コメントにあるように、「まりんちゅうのあきさん」がそれに気づき、

   教えていただきました。(発売元に確認までいただいたそうーです)


   実は・・・・・・・・・

   測定する水の量はスポイト一回分で、

   前述のようにプレート一杯満たしてた私は約2倍の量を入れてました。 


   説明書をよーくみると図面に小さい字で「ここまで吸う」の表示と


  ヒント・・って欄に「スポイトの柄の部分まできちんと入れてください」


  と表示がありました。



多分先入観ですね。あとでこの文字も読んでるとは思いますが、最初の「重要」

の説明で思いこんでいたんでしょうね。これ使う前から使ってた

NO2&NO3試薬もプレート一杯でしたし!


  
  で昨日、あきさんのいう通りスポイト一杯ではかりましたら

    混ざり気のない真っ黄色で

    D-D同様に  「000ppm」の数値となりました。


   



    良かった! あきさん どうも ありがとう



   ちなみに同時に測ったROの方も同じ色で「000」でした。


  ですので


    前に「見つけたぞリン酸(RO4測定の盲点)」
       http://pearl-aquarium.at.webry.info/200808/article_1.html

   の記事についても、シーケム数値に誤りがあります。

   RO水、水槽水ともにあの時点で0ppmであったかも・・・

  

訂正で再計測の画像載せようと思いましたが、また間違ってるといけないので
 
  

  もう一度計測しようとおもったら、「♯1液」がなくなってしまった  


  おかしいなぁ・・・75回も計測してないし♯2液はまだ半分以上残ってるのに・・・・


     まぁいっか!蒸発でもしちゃったかな


  ということで画像はのせれないので勘弁下さい。


  

また、買うかな・・どうしようか考え中です。

 RO4試薬はD-D含め、あと3社のあるので・・・

  

  
        「訂正箇所ここまで」 

  

     

ちなみに・・・・一応測ってみよう
  

       RS試薬では、

画像

       左が「水槽水」  右が「RO/DI水」です

   ん~・・・・・・・・(*_*;・・・・    




・・・

RSのは値段も手ごろですし、「0」表示になるまではこれで十分です。

魚中心の水槽ではリン酸塩は避けられないしそれほど神経質になる必要もありません。











   ついでに、NO3も測ってみた。

RSでは・・・
画像

    同じく 左が「水槽水」  右が「RO/DI水」です。


       全く同じブルーです。  「0ppm」


シーケムでは・・・・「こちらはスポイト2杯(プレート一杯です)」
画像

    同じく 左が「水槽水」  右が「RO/DI水」です。


   微妙な色の違いがおわかりいただけますか?

   浄水は無色透明ですが、水槽はほんのり「桜色」

   ROはさすがに「ゼロ」ですが

   水槽水はわずかに硝酸塩は現れています。「0.1ppm」未満だと思います






メイン水槽・・・プチレイアウト変更しました。
画像


     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

あき
2009年02月15日 00:45
どうもこんばんわ。

以前はうちのブログに来てくださってありがとうございます。

こちらに挨拶に来よう来ようと思いながら、えらく時間が経ってしまいすみません(汗)

パールさんの記事を見て、うちでも早速計ってみました。

シーケム
飼育水0.05mg/l前後
水道水0mg/l

レッドシー
飼育水0.2ppm(0.1ppm)
水道水0ppm
()内は古い試薬での測定。

試薬は保存の仕方や開封後の時間経過によって結果が微妙に変わってくるみたいなので、あまり神経質になる必要もないかな?ってのが感想です。

アメリカではデジタル式のリン酸塩測定器があるそうで、あれならかなり正確に測定できそうです。

が、お値段3万弱…

なかなか手が出ません(^^;
2009年02月15日 12:38
あちゃ~ですね^^;
ですが差が生じる点で、もしかするとシーケムが正解なのかもしれませんね。
精度が悪ければ差も生じませんし・・・
あっ、というかそもそも値の桁が違いますね(笑)
わからなくなりました・・・

う~ん、微妙ですねぇ。
2009年02月15日 17:31
D-D高感度リン酸試薬GETされたんですね。
うちではリン酸を測るのが怖いです。餌の投入量が多いので。。。
そろそろ測らなくては~です吸着材も交換時期が近づいてると思います。
2009年02月15日 20:24
あきさん
ご来訪いただきありがとうございます。
あきさんがあえて水道水の数値データを入れていただいたのは、もともとRO通す前から水道水にリン酸はゼロなので・・ということですね(^^)
うちのも水道水を測りましたら、D-D・RS・TM社ともにゼロでした。でもなぜかシーケムだけは記事同様に0.1~0.2の黄緑かかった色になってしまいうんです。あきさん所はシーケムでも水道水「ゼロ」と聞き、水道水がゼロだとするとシーケム試薬が原因かとも思います。消費期限とか保管状況で劣化という話はよく聞きます。あきさんのRSの古いのとの比較でも同じ水で差が出てますものね。
D-Dは発売後間もないのでそーゆうことも少ないと考えられるのでこれで測った「0」という数値を信じることとします。
せっかく買ったものだし(*_*;
ありがとうございました。

2009年02月15日 20:44
hokiさん
上にコメントしましたよーにDーDの数値を信じることにしました。ですので「0.00ppm」です(^^)
hikiさん地域の水道水、前にもともと硝酸塩が高いって言ってましたがリン酸はどうなんですかね?
全国水道水にリン酸ってないんでしょうか?
hikiさん家もリアクター設置でリン酸値の低下これから楽しみですね(^^) でも石灰藻ふえますよー 
2009年02月15日 21:00
yujiさん
yujiさん家は大切なお魚たくさんいるので、やむをえませんよね。それにリン酸はお魚にはそれほど影響がないので大丈夫ですよー!ミドリイシは厳しいかもしれませんが・・ それかBHにあったようなデカイリアクターで強力に排除しますかね(*_*;
吸着材もうちはローワフォスですがエコフォスなんかも吸着性能気になりますね。
あき
2009年02月17日 00:51
え~と…

パールさん、すみません(汗)

俺、シーケムの試薬を計り間違えてたかも(汗)

英語の説明図にはスポイト×1とあったので、テストプレートにスポイト一回分しか入れてなかったんですが、日本語の説明とパールさんの画像を見て、テストプレートが満水になってたのでアレェ?と思い、テストプレートを満水にして計りなおして見たんですが、結果、水道水は0.05、飼育水は0.5くらいの値になりました。

で、レッドシーで計ったところ、水道水は0、飼育水は0.2~0.5の色合いになりました。

という事で、うちでは若干の誤差が見られました。

誤計測、申し訳ないです(汗)
2009年02月17日 12:32
早くベントラが落ち着いて、エサを減らせるようにしたいです。そうすれば、とりあえずRSでPO4を0にするのを目標にして、大好きなコモンサンゴがスクスク成長する水槽を目指せるのに^^;;
あき
2009年02月17日 18:01
パールさん、度々すみません(^^;

シーケムの輸入元のウォーターさんに確認してみたんですが、計り方に間違いはなかったです(汗)

一応今晩参照用サンプルで狂いがないか確かめてからもう一度計ってみるつもりです。

で、パールさんの画像を見るかぎり、テストプレートの水が多いように感じるんですが、ひょっとしてスポイト二回分入れてます?

だとしたら、スポイト一回分の試験水で計ってみれば、前回とは違った結果が出るかもです。
2009年02月17日 22:55
あきさん
(^^)あきさんの通りにやったら全く混じり気のない真っ黄色になりました。
日本語説明書よーく読んでみましたら、スポイトの柄の部分までって書いてありますね。①に「測定したい水槽の水をスポイトでテストプレートに満たします。」と満水の図見て勘違いしたようですね。
全ての試薬が同様の数値だったのでとにかくスッキリしました!
でもプレートの量なんてよく気が付きましたねぇー
重ねてお礼申し上げますm(__)m これからもよろしくです!
記事は追記して訂正かけておきます!もしかして硝酸塩テスターもそうですね(*_*;だから色がうすかった。
2009年02月17日 23:06
helfさん
上記のやりとり見ていただければわかりますが、やはりローワフォス凄いですよー。リン酸「0.00」ですよ(*_*;確かに餌はあまりあげませんが魚いないわけじゃないし、使い方に多少注意必要ですが+リアクターの効果でhokiさんも早速結果がでているようですし。
あき
2009年02月19日 00:42
いえいえ、数値が一致して何よりです!

それにしても紛らわしい説明書ですよね(^^;

♯1液ですが、指で押し出すより、重力に任せて落ちた量の方が少ないように感じました(あくまでも目算ですが(^^;)。

2009年02月19日 19:58
あきさん
そうそう まぎらわしいです。
♯1も指で押しだしてたから多く入ってたのかも・・ですね。まぁ1箱分無駄に使ってしまいました。これも勉強料と思うこととします。
もし今後使うことあれば気をつけますね。

この記事へのトラックバック